昭和27年 文部大臣認可(社団法人)
平成13年 文部科学大臣認可
平成22年 内閣総理大臣認定(公益社団法人)
本院は「国内外に200教室を有する歴史ある書道団体」です。
昭和25年より東京都美術館(第11回展)より、平成30年79回展まで連続開催。
学生部(年少さん)から、一般部(大人)まで、
一般部では、初心者から師範、鑑査員、審査員までの方が対象です。
公益社団法人なので、安心して学んでいくことができます。

1年に1回、学生部、一般部会員、全員参加の新春誌上展があります。
6月の東京都美術館での展覧会では、学生部、一般部の席上揮毫が開催され、
多くの方が見に来れます。(入場無料)
出品資格対象者は一般部初段以上の会員です。

第80回記念展は平成31年6月23日(日)~30日(日)開催予定です。
本院の『名誉顧問』『顧問』『協賛員』の紹介(順不同・敬称略)
【名誉顧問】
元内閣総理大臣
  中曽根 康 弘
【顧 問】
元農林水産大臣
元参議院議員
  田名部 匡 省

衆議院議員
  小 泉 進次郎


衆議院議員
  福 田 達 夫


衆議院議員
  石 川 昭 政


神奈川県議会議員
  竹 内 英 明
創設者・代表理事プロフィール
社団法人 大日本書芸院 創設者 阿部 翠竹
昭和27年
38年
49年
(社)大日本書芸院創立 理事長就任
青森県植樹祭に天皇陛下より、作品に対し直接賞賛の御言葉を賜る
芸術功労に依り、勲5等雙光旭日章に叔せられる
公益社団法人 大日本書芸院 初代代表理事 阿部 竹翠
昭和8年
47年
平成10年
22年
神奈川県出生 翠竹長男
本院理事
本院 理事長就任
本院公益社団法人認定により、初代代表理事就任
公益社団法人 大日本書芸院 代表理事 田村 翠津
昭和39年
平成5年
23年
阿部翠竹に師事
本院理事(事務局)、東タイ展監事
本院代表理事就任
本院は創設者阿部翠竹により昭和27年に社団法人として発足しました。
毎年東京都美術館において開催される本院展は、回を重ねること約80回。
中国・台湾との国際文化交流展として開催しております。
平成22年には、内閣総理大臣より公益社団法人に認定され現在に至っております。
入門に際しては特別な制限を設けず、創設者の遺志を継承し
「心正しければ、書もまた正しい。万民が低費用で学べる書道教室」を座右の銘に、
国内外に於いて約200教室を有する書道団体であります。道に終わり無し、
道とつくものに極め無し。一生の宝として本格的な伝統書芸を共に学びましょう。